ご挨拶

一般社団法人日本トータルビジュアルブランディング協会は、「内面を外見に表すこと」とヘアメイク、ファッション、姿勢など「見た目全てに関するブランディングプロデュース」をコンセプトに発足いたしました。

「美しさや正しさ」は顔の造型ではなく気遣い、身だしなみです。決して自分がきれいに、かっこよくいるためだけのものではありません。いる空間、時間、そして一緒にいらっしゃる方に恥をかかせないためのマナーなのです。

艶のあるドレスを着ているのに髪がバサバサだったり、ヘアメイクはばっちりなのに着ているお洋服がナチュラルテイストだったり、ヘアメイクとファッションはばっちりなのに歩き方や靴の減り方が美しくなかったり……もったいないことですね。

人は誰しも一定の美的感覚を持っています。TPOやキャラクターにそぐわない外見をすれば「違和感」を覚えるものです。リクルートスーツを着てストッキングを履かずにサンダル履きをしている人がいたら、おかしいと思いませんか?そういう感覚です。

やがてその違和感は、外見と内面の「よくないギャップ」を目立たせてしまうことになりかねません。見た目が派手なのに実は内気だったら「盛り上げてくれると期待したのに」と言われたり、見た目が清楚でおとなしそうなのに実は中身が男前で言葉が荒ければ「見た目より雑で怖い」と言われたり。

一度ついてしまった第一印象を覆すには、2時間、3時間という長い時間を過ごしてお話をしながら理解していただく必要があります。しかしオーディションや就職面接、クライアントとのお仕事ではそんなに時間をかけていただけるとは限りません。

プライベートの恋愛や婚活に励む方も、またキャリアがあってこれからメディアに取り上げられたり人前で講演をするような方も、せっかくのパーソナリティや経歴、バックボーン。第一印象で与えられたら、その後はかなりスムーズになると思いませんか?

当協会では、目的やあなたの性格に合わせた第一印象作りのお手伝いを致します。最近ではこういったことに気を配る企業様や行政様が増え、研修セミナーの案件を多数いただいております。また個人様向けとしてはもうひとつのブランディングとなる書籍の商業出版のコンサルティング、このトータルビジュアルブランディングをお仕事にしたい方の養成もしております。

ビジュアル作りのためのヒアリングコンサルから、思ってもいない自分のキャッチコピーが出来上がる方も中にはいます。自分だけでは自己PRがうまくいかないという方の魅力にもいち早く気付けるよう対応いたします。

キャリアだけでなくビジュアルにも自信を持ち、お仕事やプライベートを充実したものにしていただければ幸いです。

 

協会理事 トータルビジュアルプロデューサー MANAMI